Home >> メンテ & 小細工 >> 連載

第2回 オイルは大事!


オイルの役割は、金属面を油膜で覆い、摩擦を減らし、
よく滑らせてやることで金属面の発熱と摩耗を防ぐことです。

一般的に3000キロ、3、4ヶ月と言われています。
私もこれで良いと思いますが、NA車の場合は、5、6ヶ月でも良いでしょう。
ターボ車は、エンジンオイルを酷使しますので、劣化がNAと比べると明らかに速いです。
(タービンが、エンジンとは桁違いに回ります。タービンのオイルもエンジンオイルを使います。)
3ヶ月でオイル交換した時と、4ヶ月でオイル交換した時では、交換後のフィーリングも、
体感できるほど違います。
2ヶ月で交換と、3ヶ月で交換では、殆ど変わらなかった印象を受けます。

どれだけ、過酷な状況でオイルを使ったかが重要なポイントとなるわけです。

オイルを選ぶときは、殆どの方がディーラー指定のグレードを選ぶと思います。
確かに、指定グレードのオイルを入れていれば、問題は生じませんが、
よりグレードの高いオイルを入れることで、 より快適なドライビングを楽しむことが出来ます。
普通の方は、大体3,4ヶ月でオイル交換するので、
多少高いオイルを入れても
経済的に何の問題もないと思います。

次は粘度です。
オイルには、10W40など数字が書いて有りますよね。これが粘度です。
左側が低温時の粘度で、右側が高温時の粘度です。
数字が大きいほど硬い事を示し、
小さいほど軟かい事を示します。

低温側の表示は:
0W、5W、10W、15W、20W、25W など。
高温側の表示は:
20、30、40、50、60などがあります。

下が小さく、上が大きいものが、
使用範囲の広いオイルと言えます。
その分値段も高いです。
普通に走る方は、高温側の数字は余り気にしなくて良いでしょう。
しかし、スポーツカーに乗って、がんがん飛ばす人は、高温側の数字が大切です。

安売りオイル入れてると、がんがん高回転まで回すと、
エンジン内部にどんどん傷が入ります。
その結果、エンジンの寿命が短くなります。
特にロータリーエンジン車に乗っている方は、要注意です。

一般に標準の粘度は10W30です。
しかし、パワーの無い車では10Wは、ちょっと重過ぎます。
なので、もうちょっと出だしを軽くして燃費を良くしたいと思う方は
5W30に変えれば良いのです。

逆にパワーのある車で10W30と言うオイルを使うと、
高回転まで回した際にオイルがヘタってきて、
油膜が薄くなり、エンジンブローとなるわけです。
エンジンブローしなくても、確実にエンジンの寿命が短くなります。
そういう方は10W40に変えれば良いです。
更に上まで良く回す人は10W50を使用します。
ターボ車の場合は、固めのオイルの方がブースト掛かった時の
フィーリングは、良いですね。

ただし、粗悪オイルと高品質オイルでは、粘度が同じでも、
高品質オイルの方が、軽やかで、トルクのある走りになります。

ドライスタート
オイルが油膜を張るというのは、エンジンが動いている時です。
エンジンが止まっている時は、オイルパンに落ちていき、最終的には
エンジンは、オイルが無い状態になります。

つまり、エンジンをかけて
いきなりスタートすると、当然油膜が薄くなっているので、エンジンに
かなりの負荷がかかります。その結果、寿命が縮むわけです。

長々と書きましたが、私のお勧めはレッドラインエンジンオイルです。
アメリカの超1級品オイルです。

私は、昔カストロ 、マグナテック、RS、シントロンを使っていましたが、
もっと、燃費を良くエンジンの寿命を延ばしたかったので
巷で噂のレッドライン(10W40)を入れてみました。

粘度的には、シントロン(5W50)の方が良いのですが、
その効果はまったく違います。

やっぱ、定価1Q(0.95L)3500円だけの事はあるな〜、が第一感想ですね。
上記でいろいろ書いてますが、
粘度や、グレードなんて、どうでも良いですね^^;

一般に、レッドラインは、
表示粘度より(ー5)W(+10)だと思っていいでしょう。
レッドラインと、モチュールは、油膜の強さは有名ですね。

有名メーカーの高いオイル入れれば、それでいい^0^
ま、メーカーと商品決めてから、
粘度を決めればいいのかなと言った感じです。


レッドラインの説明


戻る